8月6日明日の好材料を開示情報

By | 2019年8月5日

サイネックス <2376> 
4-6月期(1Q)経常は4.7倍増益で着地。発行済み株式数(自社株を除く)の11.46%にあたる70万株(金額で4億5780万円)を上限に、8月6日朝の東証の自己株式立会外買付取引「ToSTNeT-3」で自社株買いを実施。資本提携を解消するヤフー <4689> による保有株売却に対応する。

フィックスターズ <3687> 
米コールドスプリングハーバー研究所にハイエンドGPUクラスターサーバーシステムと最適化処理のコンサルティングを提供。全脳神経回路マッピングのソフトウェア処理の高速化に貢献する。

ブライトパス・バイオ <4594> [東証M]
米国で実施していたがんペプチドワクチン「GRN-1201」のメラノーマを対象とする第1相臨床試験で、主要評価項目の良好な安全性・忍容性と副次評価項目の免疫応答を確認。